2017年4月29日

各メーカー ノートパソコンの特徴と比較(個人向け)

個人向きのノートパソコンの特徴と人気モデルを、
メーカーごとに簡潔にまとめました。


東芝 dynabook (ダイナブック)
価格は安めでオールインワンホームノートPCが強く、
画質や音質の良さをアピールしたものも多い。特に、
撮影した写真動画を保存編集したい方にオススメです。

NEC LAVIE (ラヴィ)
アウトレット商品などの大幅割引ノートパソコンが人気。
直販サイトのノートPCは国内生産。総合的に品質が良く、
画面や音質でも高いクオリティーがあります。

富士通 FMV LIFEBOOK (エフエムブイ ライフブック)
価格はやや高めですが、画質や音質も良く丈夫で、搭載ソフトも多く、
より安心の島根県「出雲ブランド」もあり要チェック。
ノートPCで最も打ちやすいキーボードを目指しています。

VAIO (バイオ)
名品を目指したモデルや、個性的なカラーリングのC15シリーズなど、
楽しくなるモデルも追及。SONY継承の画質やサウンド、
こだわりのキーボードなど、細部の作りにも期待です。

パナソニック Let's note (レッツノート)
ノートPCの全モデルが最も純日本製に近く、高額ですが、
とにかく頑丈で、軽くて長持ちバッテリー。天板カラーや保証も充実。
画面比率が16:9ではないものが多い事も特徴です。

マウスコンピューター (mouse)
内部性能スペックを重視して安く探したい方にオススメ。
多くのサイズや性能から選べ、色はブラック系の割合が高く、
目が疲れにくいノングレア(非光沢)液晶が多い事も特徴。

ドスパラ
ブランドが細かく分かれていて、ゲームPC「GALLERIA(ガレリア)」が
特に強いですが、一般向けでも国内生産で質が良く、
超低価格で選びやすいノートパソコンにも力を入れています。

パソコン工房(iiyama PC)
東芝のように多くの種類から選ぶスタイルに少し近い。
15.6型でも、DVDなどの光学ドライブが無いモデルも多いです。
内部性能スペックを重視すると一番お得な場合もあります。



・東芝 人気注目シリーズ

AZ15 15.6型 ホームノート 
初心者やパソコンが必要な方にオススメ。簡単な
動画写真編集ソフト付属で、一般ビジネスにも十分すぎるスペック。

AZ25 15.6型 ホームノート
3色から選べ、高音質オンキヨースピーカーを搭載したモデル。
AZ15と同様、Office Personal Premium+Office 365も選べます。

AZ65 15.6型 ブルーレイディスクドライブ  フルHD
本格的な動画写真編集などにチャレンジしたい方ならコチラ。
高画質と高音質。ハイブリッドHDDや、さらに動作が早いSSDが選択可。


・NEC 人気注目シリーズ

NS(e)シリーズ 15.6型 ホームノート
初心者にもオススメ。Office Business搭載モデルが
お得な場合も多いです。簡単な動画写真編集ソフト付き。

NS(S)シリーズ 15.6型 ホームノート
防滴構造やCPUなどの性能がアップしたスタンダードモデル。
NS(e)とNS(S)は、どちらもYAMAHA音響補正技術搭載。

Hybrid ZERO(HZ) 13.3型 約769g~ モバイルノート
持ち運びに適したモバイルノート、13.3型世界最軽量を追及。
高画質、良音質で面加圧にも強い。(DVDなどの光学ドライブは無し)


・富士通 人気注目シリーズ

SHシリーズ 13.3型 約1.2kg~ モバイルノート フルHD以上
光学ドライブ搭載、頑丈でサイズを超えた音質と画質。
メインにもなる高性能全部入りモバイルノート。「出雲ブランド」。

UHシリーズ 13.3型 約761g~ モバイルノート(光学ドライブ無し)
13.3型世界最軽量を追及。過酷な面加圧、落下試験をクリア。
レッド色もあり、最大17時間の長時間駆動。(全て国内生産へと移行中)

AHシリーズ 15.6型 ホームノート
堅実で、より高画質で高音質のモデルもあり、ミドルクラスから
ハイクラスまで選べる安心のホームノート。(一部モデル国内生産)



・VAIO 人気注目シリーズ

S15シリーズ 15.5型 ホームノート
目が疲れにくい非光沢液晶を採用(タッチ対応は光沢液晶)。
大型スピーカー搭載でミドルクラス以上のホームノートPC。

S11シリーズ 11.6型 約920g~モバイルノート(光学ドライブ無し)
安心の剛性ボディ。4色から選べ、SIMフリーモデルも選択可。
S11とS15は、ディズニーデザインも選べます。フルHD。

Zシリーズ 13.3型  モバイルノート(光学ドライブ無し)
折りたたんでタブレットになるフリップモデルと、通常ノートの
クラムシェルモデルがあります。名品を目指し、基板から国内で生産。


・パナソニック 人気注目シリーズ

RZシリーズ 10.1型 WUXGA(16:10)  約745g~
同スペック世界最軽量、画面タッチ対応、光学ドライブ無し。
キーボードを360°回転させればタブレットにもなるモデル。

SZシリーズ 12.1型 WUXGA(16:10)  約849g~
同スペック世界最軽量、タッチパッドにホイールパッドを採用。
コンパクトで頑丈なのに光学ドライブを搭載したモデル。

LXシリーズ 14.0型 フルHD(16:9) 約1.3kg~
光学ドライブ搭載。レッツノートの中では、全体的に価格が安め。
当然頑丈で、ホームノートとしても十分すぎるスペック。


・マウスコンピューター 人気注目シリーズ

m-Book  F シリーズ 15.6型 フルHDノングレア液晶
10万円以下でも、かなり動作が早い構成が可能。
フルHD(画面を構成する画素数が1920×1080)標準搭載。

m-Book  K シリーズ 15.6型 フルHDノングレア液晶
主に3Dゲームや3DCGをなめらかに美しく動かすために必要な、
グラフィックボードNVIDIA社GeForceを標準搭載。

m-Book Bシリーズ (MB-B502S) 15.6型 フルHD グレア液晶
光沢のあるフルHDグレア液晶で光学ドライブは非搭載ですが、
低価格なのにシンプルで高速化を実現。価格.com大賞の後継機。



・ドスパラ 一般向け人気注目シリーズ

   29,999円(税込)
Diginnos Altair(デジノス アルタイル) 主に14型 約~1.6kg
低価格CPUのCeleronでも、4コアでターボ搭載。メモリ4GB~。
ストレージは32GB~で、簡単内部増設可能。(光学ドライブ無し)

Diginnos Critea(デジノス クリテア) 15.6型 17.3型 ノングレア
低価格でDVDドライブ内蔵のオールインワン。
グラフィックボード搭載モデルやフルHDもあります。

ドスパラ (公式サイト)なら、現行全モデルがチェックでき、
Office Businessなどの構成変更もできます。


・ パソコン工房 一般向け人気注目シリーズ

N-Class Pシリーズ 11.6型、14型、15.6型、17.3型
4~8万円ほどのエントリー向けノートPCを扱っています。
主に価格帯でシリーズが分かれています。

N-Class Hシリーズ 13.3型、15.6型、17.3型
6~13万円ほど、一般的な利用なら十分にハイスペックなシリーズ。
高性能のCPUやグラフィックボード搭載モデルもあります。

楽天市場店Yahoo!店では、
大きくシリーズ分けはされていなく、
パソコン工房【公式通販サイト】 では、
豊富にカスタムできます。



現在、大手家電メーカーのノートパソコンで、
グラフィックボードを搭載したものは極少数です。

「マウスコンピューター」「ドスパラ」「パソコン工房」は、
高性能のグラフィックボードを搭載した、
ゲームノートやクリエイター向けノートも扱っていますが、
ここでは、一般向けのPCを紹介しました。


また、タッチパネル対応PCは、
重量が少し増え価格も上がり、長時間の作業では、
マウスやタッチパッドの方が疲れないと思い、
大きく紹介はしていません。

ただ、「お子様がいらっしゃる方」や
「前回もタッチパネルで良かった方」、
「一度は試してみたい方」ならオススメします。


以上の事が参考になればと思います。


楽天市場ノートパソコンランキング(デイリー)
Amazonノートパソコンランキング(1時間毎)